この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

実際に選んでみよう

水を買うということのメリット・デメリット

人体の60パーセントは水分と言われているように、普段から体に入れるものである水の品質は健康面に欠かせない要素であり、安全安心でおいしい水をたくさん飲むことができるのは最大のメリットです。
ウォーターサーバーと契約をすると、業者から水の配達をしてくれるので自分からお店まで買いに行かなくていいということも利点の一つと言えるでしょう。
ゴミの量という点でも一本ごとに包装しているペットボトルよりは少なく抑えられます。
しかし、毎月のコストがかかることもさることながら、サーバー自体が設置する上でスペースが必要なこと、定期購入の水を使いきれないと次から次に水が届き、場所を取ってしまうことも考えておく必要があります。

業者選びのコツ

個人向けのサーバーも普及したことで、現在では多くのウォーターサーバーメーカーがあり、それぞれのプランも異なるため迷ってしまいがちです。
水質の安全面は当たり前で、それ以外の部分でメーカーごとに特徴を出しているのが現状です。
ずっと使い続けるものだけに、後悔しない選択をするにはどうすればいいのでしょうか。
コスト面ではサーバーのレンタル料やメンテナンス料、水の最低発注本数(ノルマ)、電気代などで違いが出てきます。
ずっと部屋に置いておくインテリアとしてもデザイン的に好みに合う・合わないもイメージしておきましょう。
メーカーごとのホームぺージなどで事前に情報収集し、お試し期間があるサーバーであれば一度使って判断してみるのもいいでしょう。